« 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHIの1人当り売上高など »

2017年7月 6日 (木)

三菱重工、川崎重工、IHIの内部留保と配当

 日本の大手3重工と言われる三菱重工、川崎重工、IHIの内部留保と配当はこれまで見て来ましたが、2016年度の各社の有価証券報告書が出ましたので、最近のデータを整理しておきたいと思います。

内部留保
        三菱重工  川崎重工    IHI
2012年度 11,053億円  2,529億円  1,877億円
2013年度 12,353億円  2,718億円  2,257億円
2014年度 13,523億円  3,079億円  2,070億円
2015年度 13,770億円  3,340億円  1,992億円
2016年度 14,184億円  3,418億円  2,033億円

 三菱重工は、客船の赤字やMRJの開発遅れなど苦しい部分があっても、利益を出し、内部留保を着実に積み上げ続けています。
 ここでは、内部留保=利益剰余金+資本剰余金 としています。

従業員数
       三菱重工  川崎重工    IHI
2012年度  82,285人  34,010人   26,618人
2013年度  96,055人  34,620人   27,562人
2014年度  98,442人  35,471人   28,533人
2015年度  100,784人  34,605人   29,494人
2016年度  99,340人  35,127人   29,659人

 三菱重工は、M&A(合併・買収)で事業と人を吸収・拡大したあと、固定費削減と言って人員を削減しています。
 従業員数にどの範囲まで含めているかは下記の(注)をご参照ください。

1人当り内部留保(内部留保÷従業員数)
        三菱重工    川崎重工     IHI
2012年度 1,343万円/人  743万円/人  705万円/人
2013年度 1,286万円/人  785万円/人  818万円/人
2014年度 1,373万円/人  868万円/人  725万円/人
2015年度 1,366万円/人  965万円/人  675万円/人
2016年度 1,427万円/人  973万円/人  685万円/人

 こんなに会社に貢献してきました。この内の何%かを賃上げにまわしてもらってもいいんじゃないでしょうか。

1株当り配当と配当総額
        三菱重工   川崎重工    IHI
        1株  総額    1株  総額  1株 総額
2012年度  8円  268億円  5円   83億円 5円 73億円
2013年度  8円  268億円  6円 100億円 6円 92億円
2014年度 11円 369億円 10円 167億円 6円 92億円
2015年度 12円 403億円 12円 200億円 3円 46億円
2016年度 12円 403億円  6円  100億円 0円  -

 三菱重工は株主偏重の高配当を続けています。このような傾向は全国的に強くなっています。

1人当り配当額(配当総額÷従業員数)
        三菱重工  川崎重工     IHI
2012年度 32,5万円/人 24.4万円/人 27.4万円/人
2013年度 27.9万円/人 28.8万円/人 33.3万円/人
2014年度 37.4万円/人 47.0万円/人 32.2万円/人
2015年度 39.9万円/人 57.7万円/人 15.5万円/人
2016年度 40.5万円/人 28.4万円/人  -

 株主にも、こんなに貢いできました。

(注)従業員数について
  従業員数にどの範囲まで含めているかは各社の有価証券報告書の「第一部 企業情報」の「第1 企業の概況」の「5 従業員の状況」に(注)で示されています。

  三菱重工の(注)
   1.従業員数には、グループ外から当社グループ(当社及び連結子会社)への出向者を含み、当社グループからグループ外への出向者を含まない。また、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載している。
   2.臨時従業員には、定年退職後の再雇用社員、嘱託契約の従業員及びパートタイマー等を含み、派遣社員等は含まない。
 (上記の三菱重工の従業員数は、年間平均の臨時従業員数を含んでいます。)

  川崎重工の(注)
   1 従業員数は就業人員のみを対象としている。なお、臨時従業員数については従業員総数の100分の10未満であるため記載を省略している。
   2 従業員数は再雇用従業員を含んでいる。

  IHIの(注)
   従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き,グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり,臨時従業員数については,従業員数の100分の10未満であるため記載していません。

(注)有価証券報告書について
 有価証券報告書は株式上場企業が法律に基づいて毎年作成します。インターネットで見ることができます。量が多いのと、独特の用語がありますが、書いてある項目順(目次)が決まっていますので見たいところだけ見ることができます。
 配当総額は、「第一部 企業情報」の「第4 提出会社の状況」の「3 配当政策」の中にでています。
 利益剰余金と資本剰余金は、「第一部 企業情報」の「第5 経理の状況」の「1 連結財務諸表等」のトップに出ている「連結貸借対照表」のおしまいの方「純資産の部」の中に出ています。
 なお、主要な項目については、各社がホームページでIR情報(株主・投資家への情報)として公開しています。

    日本共産党三菱重工広製支部 2017年7月6日

« 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHIの1人当り売上高など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583792/65500680

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工、川崎重工、IHIの内部留保と配当:

« 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHIの1人当り売上高など »