« 2015事業計画の見直しと対策(その3 飛躍を狙う) | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 »

2017年6月15日 (木)

三菱重工、川崎重工、IHIの決算

 日本の大手3重工と言われる三菱重工、川崎重工、IHIの2016年度決算を見ておきたいと思います。
 各社が発表した決算説明資料を中心に、決算短信(決算概要)と2015年度の有価証券報告書から抜き出しました。有価証券報告書は2016年度のものがまだ発表されていませんので、従業員数は少し古いデータになっています。

三菱重工
---------------------------------
        2015年度実績 2016年度実績 2017年度計画
 受注     44,855億円   42,756億円   45,000億円
 売上     40,468億円   39,140億円   41,500億円
 営業利益   3,095億円    1,505億円    2,300億円
 純利益      638億円     877億円     1,000億円
 ROE         3.7%       5.1%       5.5%
 従業員数   100,784人     -        -

 配当       12円/株     12円/株     12円/株
 配当総額     403億円      403億円     403億円
 配当性向      61.3%       45.9%       40.3%
 1人当り
  配当額   40.0万円/人      -        -

 内部留保   13,770億円   14,184億円      -
 1人当り
  内部留保  1,366万円/人     -         -
---------------------------------
(注)ROE:純利益÷株主資本(%)
(注)配当性向:配当総額÷純利益(%)
(注)従業員数:有価証券報告書より
  1.従業員数には、グループ外から当社グループ(当社及び連結子会社)への出向者を含み、当社グループからグループ外への出向者を含まない。また、臨時従業員数は年間の平均人員を外数で記載している。
  2.臨時従業員には、定年退職後の再雇用社員、嘱託契約の従業員及びパートタイマー等を含み、派遣社員等は含まない。
 (2015年度末における正規従業員数は83,932人、年間平均の臨時従業員数16,852人、合計100,784人)
(注)配当性向:配当総額÷純利益(%)
(注)1人当り配当額:配当総額÷従業員数
(注)内部留保:利益剰余金+資本剰余金
(注)1人当り内部留保:内部留保÷従業員数

川崎重工
---------------------------------
        2015年度実績 2016年度実績 2017年度計画
 受注    1兆6936億円   13,487億円   15,600億円
 売上    1兆5410億円   15,188億円   15,550億円
 営業利益     959億円      459億円      580億円
 純利益       460億円     262億円      360億円
 ROE        10.6%        6.0%       8.0%
 従業員数    34,605人       -        -

 配当       12円/株     6円/株      6円/株
 配当総額    200億円     100億円      100億円
 配当性向     43.5%      382%        27.8%
 1人当り
  配当額   57.8万円/人     -        -

 内部留保   3,340億円   3,418億円      -
 1人当り
  内部留保  965万円/人      -          -  
---------------------------------
(注)従業員数:有価証券報告書より
  1.従業員数は就業人員のみを対象としている。なお、臨時従業員数については従業員総数の百分の十未満であるため記載を省略している。
  2.従業員数は再雇用従業員を含んでいる。

IHI
---------------------------------
        2015年度実績  2016年度実績 2017年度計画
 受注       1兆 6053億円  13,898億円  15,000億円
 売上        1兆5393億円  14,863億円  15,500億円
 営業利益        220億円    473億円    650億円
 純利益          15億円       52億円    230億円
 ROE          0,5%      1.7%      7.4%
 従業員数     29,494人     -       -

 配当        3円/株     0円/株    6円/株
 配当総額   46.32億円       -     92.6億円
 配当性向    303.0%         -       40.3%
 1人当り
  配当額   15.7万円/人      -       -

 内部留保   1,992億円    2,033億円    -
 1人当り
  内部留保 675万円/人      -       -
---------------------------------
(注)従業員数:有価証券報告書より
  従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き,グループ外から当社グループへの出 向者を含む。)であり,臨時従業員数については,従業員数の100分の10未満であるため記載していません。
     ◇
 従業員1人当りの配当額は年間・数十万円にのぼっています。それだけ株主に貢いでいるということです。IHIは、2015年度の純利益が15億円なのに配当総額は46.32億円ですから、貯めていた利益を取り崩してまでして株主に支払ったということです。
 内部留保は、税金を払ったあとの純利益から株主への配当などを支払って、最後に残った金額の累計です。内部留保の金額がどれだけかは、外部から完全に把握することはできませんが、少なくとも利益剰余金と資本剰余金の合計と見ることができます。これらは企業が正当に蓄えたものですから自由に使うことができます。働く人たちの汗と涙の結晶でもありますから、大幅賃上げにも使ってもらいたいものです。

    日本共産党三菱重工広製支部 2017年6月15日

« 2015事業計画の見直しと対策(その3 飛躍を狙う) | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583792/65414623

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工、川崎重工、IHIの決算:

« 2015事業計画の見直しと対策(その3 飛躍を狙う) | トップページ | 三菱重工、川崎重工、IHI、JMUの軍需生産 »